忍者ブログ

雑多な感想ブログ。

2017.11┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
フリーダムエリア

らんだむ で まなびざき の めがね が へんか するぞ!

つぶやき中→
HOME[PR]にっき6月。

[PR]

2017-11-23-Thu 12:33:40 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月。

2007-06-02-Sat 00:01:32 │EDIT
 日参ブログのいくつかで結構前からやってる○月まとめをぱくうちでもやってみるテスト。

 うん、何かつらつら書いてたらものっそく長くなってこれ絶対まとめてないよ。ただの垂れ流しだよ。
◆5月の出来事

・故郷にフラれる。
・彼女にフラれる。
・雨にフラれる。


 落ちが弱いとか言うヒトは嫌いです。

 しょっぱなにドボンとメンタルトラップに落とされたお陰で教科書のように落ち込んだりした5月。まあ、その分気晴らしにいくつかアホな事して楽しんでたからプラマイゼロぐらいなんだけど。

 雨は家の中に居る分には好きなんだけどなぁ。やっぱ外歩くのは辛い。最近外歩くときは常にスーツだからなおのこと辛い。


◆5月のお仕事

・企業戦士見習いはただいま修行中。


 てなワケで、給料泥棒しながら(新人は会社の儲けに一切貢献してないっつーか足引っ張るのみだからね)もくもくと研修中。

 GW挟んで少し崩れたペースも何とか持ち越しつつ、与えられた課題も超低空飛行ながらクリア。超低空だったのが気に入らなくてまたちょっと凹んでたけど、「そう意識できるのなら問題はない」と先輩に声をかけられて何とか持ち直し。と言うか言われた瞬間、ちょっとキュンと来た。なんですかこの職場は僕に恋をさせるおつもりですか。男相手に。

 研修期間の性と言ったらそこまでだけど、5月後半に研修場所と内容ががらりと変化。なけなしの経験値もがっつり減った感じ。まだ顔見知りの多い部署に移動になっただけマシだと思って研修終了まで頑張るです。

 そう言えば忍者バトンの時もネタに走って仕事の内容は話さなかったけれど、気になったヒトはグーグル先生に『ET』ってキーワードで聞いてみるといいよ。あの地球外生命体は関係ないけど。


◆5月の読書

・ねじまき鳥クロニクル 第1部 泥棒かささぎ編/村上春樹/新潮文庫
・長編小説 ZOKU/森博嗣/光文社
・秒速5センチメートル 第1話「桜花抄」後編/新海誠/ダ・ヴィンチ6月号掲載


 漫画はわりかし読んでた気がするけれど、活字はあまり読んでなし。多分本気で上にあげたのぐらいしか読んでないと思う。以下軽く個別感想。

ねじまき→
 村上春樹好きなのに何故かねじまき鳥は読んでなかった。ので、読み始めた。したら、1部読み終えた時点で近所の本屋から2部以降が消えたミラクル。誰ですか僕の邪魔をしてるヒトは。

 間宮中尉の話は想像しちゃってホントどうしようかと思った。

ZOKU→
 この秘密結社は一体何をしたいんだとか思ったらきっと負けだと思った。なぜかロミ・品川は茜さん、ケン・十河はサトシ、バーブ・斉藤は葛西さんとひぐらしキャラに置換されました。誰がついてこれるんだ、こんな感想で。

5cm/sec→
 最近ダ・ヴィンチに連載されてるのを知ったので連載2回目から購読。タカキ視点の小説になってるので「雲のむこう~」小説版のように視点キャラが知りえない情景の描写はぼやかされ省かれているのだけど、充分劇場版の切なさは切り取られてる。まあ、元々が5センチの1話はタカキ視点のお話なのだけど。

 前編の乗ってるバックナンバー、ネットでも取り寄せられるし立川の本屋でも手に入るとか言ってるしなので、そのうち手に入れようと画策。


◆5月の視聴

・時をかける少女/DVD
・デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!/DVD
・秒速5センチメートル/TOHOシネマズららぽーと横浜初回
・DARKER THAN BLACK 黒の契約者/ANIMAX
・桜蘭高校ホスト部/ANIMAX


 一般的なテレビ番組は一切見ずに、日曜には映画、平日はアニメ三昧という割とどうしようもない視聴サイクルに陥る。どうしようもないかどうかは議論の分かれる所だろうけど。日記であまり触れてなく、それでいて印象に残った作品をあげていったら上記のようにアニメ作品ばかりになってしまったあたり本当にどうしよう僕。とりあえず個別に軽い感想。

時かけ→
 今更言うまでもなく話題作。クライマックスのギミックは重箱の隅をつつきだしたら感動もくそもなくなりそうなツッコミが生まれてしまいそうだったのでツッコミ回路を封印して視聴。べ、別に感動しちゃったことに対する照れ隠しじゃないんだからね!

 黙ってるとチアキがカヲルくんに見えてそうなると真琴がシンジの性転換キャラに見えてきてもうどうしようも無くなった僕は死んだ方がいいと思った。

デジモン→
 こっちも一部の層に対しては今更言うまでも無く話題作。時かけと同じ監督さんの作品。無印デジモンはリアルに鳥肌たてながら見てたヒトなんで、今まで見よう見ようとは思ってたのだけど見ていなかったのを今回時かけにあわせて視聴。うん、鳥肌たった。

 どっかのニュースでもそんな感じの記事で触れられてたけど、ピンチもチャンスもきちんと筋道通ったもので演出されていて、根性とかご都合主義とかで誤魔化してないのが良い。でも、結局勝利を呼び込んだ決め手は友情!なあたりが熱い。

5cm/sec→
 折角横浜まで新海監督に会いに行ったのにタイミングを外したお陰で記事にしませんでしたごめんなさい。監督は物腰柔らかくていいヒトだったにゃー。

 視聴自体は2度目。なのに、最終話(3話)のまったく同じところで鳥肌が立った。また「雲のむこう~」の時みたいにうろ覚え感想書こうかなぁ。

契約者→
 本編のやるせなさも好みだしOPもEDも素敵。虎視眈々とネタに出来そうなところ探してるんだけど、今のところキャベツと管理人さんの中のヒトがアグモンってとこしかない。何だってそんなにシュールなところにばかり目が行くのか。

 ちなみに本編で一番やるせない存在なのは、毎回ナレーター的役割しかないメガネ女子の刑事さんだと思う。

ホスト部→
 ごめん、問答無用でハマった。ハルヒが可愛いとかそんなんじゃなくて殿と双子のハルヒラヴっぷりがとても可愛い。


◆5月のコネタ

 1/35ランスロットで思う存分遊ぶ。と言うか本体よりも付属のスザクフィギュアを変態に改造して遊ぶ。ちなみに今大体こんな感じ↓



 忍者バトンでもはっちゃけた。自分で言うのもなんだけど、あのハッ○リくん、ずっと見てるとすげぇむかつくのだけどどうしよう。


◆6月のねらい目

 大日本人はチェックかなー。300も気になる。あ、後今月は生乙一さんを見に行きます。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

プロフィール
HN:
ノウライト
性別:
男性
職業:
企業戦士 時々 狩人
趣味:
出来るかな的衝動に身を任せること
自己紹介:
モンハン3のためだけにWiiを購入した、閃光玉の投擲と太刀に命を懸ける狩人。強敵相手には大体無茶して3死する。

マイナス要素もたいていの事は笑い飛ばして過ごすのがマイジャスティス!だけど最近の激務っぷりはそれで済まされるレベルでは無かったらしい。

やさぐれ社会人純情派編突入。
ブログ検索
ブログ検索エンジン 31Engine
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 Re-blind Some Rights Reserved.
http://blind.blog.shinobi.jp/%E3%81%AB%E3%81%A3%E3%81%8D/6%E6%9C%88%E3%80%82
忍者ブログ[PR]