忍者ブログ

雑多な感想ブログ。

2017.07┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
フリーダムエリア

らんだむ で まなびざき の めがね が へんか するぞ!

つぶやき中→
HOME[PR]にっきチュロスと現実逃避は程ほどに。

[PR]

2017-07-23-Sun 23:33:55 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チュロスと現実逃避は程ほどに。

2007-01-27-Sat 16:49:34 │EDIT
 ミスドでドーナツ買いすぎました。と言うかチュロス買いすぎました。何でチュロス。あれ?なんかちょっとこれ火の通り、甘くね?それとも元々こんなもん?

 このところ思考がまともでないノウライトです。いつも通り思考がまともでないノウライトです。



 ちなみにノウライトさんが全力で見ようとしていない現実は、最近まともに寝ていないと言う現実です。人間の三大欲求を言ってみろ!



 従姉妹は今日が結婚式らしいです。結婚式に参加すべく上京してきた母親が東京砂漠で迷子になる前に保護してきます。今から。ぶっちゃけ論文の完成度は7割以下って所なんですが、たまには息抜きしないとね。こーゆー時に無理やりにでも会っとかないと、家族とか、親戚とか、全然会えない歳になってきたしね。



 母上はそのまま今晩うちにお泊りコースなので、明日スタートの電王は見れ無さそう。清涼院流水のパーフェクト・ワールドに小ネタとして絡んでくるかもだからチェックしようと思ってたんだけどなー。電車に乗ってくる仮面ライダーとか、それライダーって言っていいのかって言うかどこに乗ってるんだ、乗務員室かそれとも客車か、あんだけ長い客車の一角にぽつんと背中を丸めてライダーが座ってんのかなんだその哀愁ヒーロー、みたいなツッコミ所もあって見ようとは思ってたんだけどなー。親の目の前で仮面ライダー見る勇気が無い24歳児。堂々と見れる弟(20歳児)は尊敬対象。



 戦隊モノやらライダーモノやらはその時々における世相を少しずれたタイミングで取り込んでキャラ作りの参考にしてるように見えますが(例:ハリーポッターブレイク後にマジレンジャ―、カードゲームブレイク後に龍騎)、今度の電車ライダーは何だろう。最近流行ったもので電車って聞くとあれしか思い出せない。キター!とか言ってるアレしか思い出せない。プレ情報で主人公は最弱だとか気弱だとか流れてるあたりが怖い。いきなりカメラがアキバに向かったりしたらどうしよう。主人公が2chに書き込みしてるシーンから始まったりしたらどうしよう。主人公の部屋がアレな趣味に満ち溢れた空間だったらどうしよう。番組の連続性を考えてプリキュアのフィギュアとか飾ってあったら、僕、天晴れ出すかもしれない。

 第一話の情報、楽しみにお待ちしております。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

プロフィール
HN:
ノウライト
性別:
男性
職業:
企業戦士 時々 狩人
趣味:
出来るかな的衝動に身を任せること
自己紹介:
モンハン3のためだけにWiiを購入した、閃光玉の投擲と太刀に命を懸ける狩人。強敵相手には大体無茶して3死する。

マイナス要素もたいていの事は笑い飛ばして過ごすのがマイジャスティス!だけど最近の激務っぷりはそれで済まされるレベルでは無かったらしい。

やさぐれ社会人純情派編突入。
ブログ検索
ブログ検索エンジン 31Engine
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 Re-blind Some Rights Reserved.
http://blind.blog.shinobi.jp/%E3%81%AB%E3%81%A3%E3%81%8D/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%81%A8%E7%8F%BE%E5%AE%9F%E9%80%83%E9%81%BF%E3%81%AF%E7%A8%8B%E3%81%BB%E3%81%A9%E3%81%AB%E3%80%82
忍者ブログ[PR]